泉谷電気工場株式会社泉谷電気工場株式会社

©IZUTANI

BCP MEASURES

BCP対策(事業継続計画)

BCP対策とは?

BCP対策とは?

BCPとは「事業継続計画」を意味します。企業が災害などの緊急事態に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続、あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行っておく対策です。
事業継続に必要なインフラ・電気はとても重要な設備であり、突然発生する緊急事態に備え、泉谷電気工事では御社のBCP対策を電気工事のチカラでサポートいたします。

IZUTANIのBCP対策

IZUTANIのBCP対策

・事業中断による影響を最小化し、早期復旧を目指す
・電気工事業務ならびにサービスの供給責任を果たす
・従業員の安全を確保し、雇用を守る

泉谷電気工事は国から認証を受けた、
安心のBCP推進企業です

Read More

BCP対策で得られるメリット

  • 災害時のリスクが軽減

    対策をすることで、災害時に起こりうる被害を回避、または最小限にとどめることが可能です。
    事業停止のリスクを最小限に抑えることで、安心して事業を継続いただけます。

  • 電源確保の重要性

    災害時において電源確保が重要となります。
    通信手段維持のための電源、電力会社が復旧し早期に業務が再開できる態勢を整えるための電源確保が重要です。

  • コストパフォーマンス

    災害が起こって故障した際の改修費用や、復旧までに停止した事業での損害額と比較すると、緊急時の事業継続のために平常時に行うBCP対策の工事費用はコストパフォーマンスの高い費用と言えます。

電気工事でできるBCP対策

  • キュービクルの地上設置

    キュービクルの地上設置

    水害時の水没による電気供給の停止、機器故障による事業の停止による損害を未然に防ぎます。

  • 自家消費太陽光発電

    自家消費太陽光発電

    災害時にも電力を確保することができます。
    事業継続のための復旧に速やかな対応をとることが可能になります。

  • 自家用発電機の設置

    自家用発電機の設置

    大型台風や豪雨などの大規模災害で長期にわたる停電から事業を継続していく為に自家用発電機の非常電源は重要です。

  • 蓄電池

    蓄電池

    災害時にもためた電気を使うことができます。
    特定の負荷へ供給し太陽光発電と組合せる事で長期間の停電にも備えることが可能になります。

  • 2回線受電方式

    2回線受電方式

    2回線受電方式は常用線停電時には予備線から受電でき、1回線受電方式に比べ供給信頼度が高い受電方式です。